オリーブ収穫体験企画が記事になりました

記事全文
オリーブ収穫体験企画 クレアファーム(静岡)、観光化も視野
(2017/10/4 08:32)
クレアファームが収穫体験イベントを行う直営農園=3日午前、静岡市清水区
 静岡県産オリーブや農水産物の6次産業化を進めるクレアファーム(静岡市、西村やす子代表)が
静岡市清水区内の直営農園で栽培してきたオリーブが収穫時期を迎えた。
2015年から同地で栽培を始めて3年目。ことしはオリーブオイルの商品化に適した果実の収穫を見込む。
駿河湾や三保松原、富士山を見渡せる眺望を生かした観光農園化も視野に、
10月末から11月初旬に収穫イベントも計画している。
収穫イベントを行う農園は1・5ヘクタールで、約500本のオリーブの機を定植。
オリーブの専門家を国内外から招き、商品化に向けて試行錯誤してきた。
収穫イベントは、農園からの景色を楽しみながらオリーブの収穫や搾油体験などで、
希望者や地元幼稚園児らの参加を予定している。同社に出資する静岡鉄道が協力する。
同社は藤枝市の内陸フロンティア総合特区で地元地権者ら食と農のテーマパーク事業を進めるなど、
県内各地で合計12ヘクタール5千本のオリーブを栽培している。西村代表は「観光農園事業展開も含め、
地域活性につながる取り組みを進めたい」と話す。

PAGE TOP